過払い・過払い請求
過払いチャンネル

過払い請求Q&A
過払い請求に関してよくある質問をまとめました。

Q.過払い金を請求すると、信用が悪化することはありますか?
A.完済しているものに関しては問題ございません(いわゆるブラックリストの対照ではない)。
しかしながら、返済中のものに関しては、信用悪化の可能性は否定できません。

Q. 過払い金請求をしたいのですが、手元に貸金業者のカードの他に資料がありません。
A.問題ありません。
貸金業者が分かっていれば対応できます。

Q.私は、すでに全額返済してしまったのですが、その場合でも過払い金を取り戻せるのですか?
A.はい、取り戻せます。

Q. 訴訟になる場合はあるのですか?
A.下記の場合にはありえます。
・過払いの金額に差のある場合。
・業者側が全く対応をしない場合。
・業者側が、消滅時効やみなし弁済の主張をしてきた場合。
 などです。

Q、貸金業者からの減額の申出は受けるべきでしょうか?
A、貸金業者に対し過払い金返還の請求した場合、貸金業者から減額の申出を受けることがあります。
もし訴訟となった場合に、圧倒的に貸金業者は不利になりますので、そのまま減額要求に応じる必要はありません。
ただし、訴訟で事件が長期化するより減額請求に応じて速やかに和解を望まれるケースもあります。 減額要求に応じるかどうかは、お客様の判断によります。


Q.過払い金は全額かえってくるのでしょうか?
A.過払い金がどの程度返ってくるのかについてはケースによってことなります。
比較的スムーズに過払い金を全額返還する債権者も多くあれば、その一方、過払い金の全額返還になかなか応じない貸金業者もあります。
もし、過払い金全額の返還を求めるならば、貸金業者を相手に裁判するという選択があります。
過払い金返還請求をする裁判は、過払い金請求者に有利にすすむ可能性が高いのですが、ただ裁判には費用と時間がかかります。

Q.過払返還を裁判でした場合、どのくらい時間がかかるの?
A.これもケースによってことなります。
争いの少ないものは、弁論期日前に貸金業者が借主に対し、訴外で和解を求めてくるケースがほとんどで、申立後2ヶ月くらいで解決してしまいます。
借入年月日の相違や取引明細開示義務等で争いがある場合は、それよりは多少かかることもあります。ただし、みなし弁済の争いがあり、貸金業者が代理人を立てた場合等は、解決までに更に長期間かかっています。



お役立ちメニュー
初めての過払い請求
利用者の返済事例
過払い請求Q&A
用語辞典

友達に教える

【運営概要】
運営会社プライバシーポリシー利用規約お問合わせ広告掲載関連リンク集googleYahoo!


過払いチャンネルは、過払い・過払い請求の知識や、弁護士・司法書士の無料相談を支援するサイトです。

©過払いチャンネル